QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2013年中国杯 ファブさんから厳しい意見・・コヅSP 

 

小塚崇彦 SP:アンスクエア・ダンス

ファブリッツッオさんから結構厳しいコメントが出ています。
以前もちょこっと書いたのですが、イタリア解説陣は素直に自分の思ったことをバシバシ言います。
私が翻訳する動画を選ぶときは、ネガティブ意見の付いたものより、賛辞の多い解説動画を選ぶように
しているので、(全てに手が回らないので・・)イタリア解説は皆に優しい印象が持たれがちです。
でも実は厳しいときは、容赦せずガンガン痛い所を突いてくるんですよ。

で、ですね、小塚選手のアンスクエア・ダンス。
これは私が思っていたことをファブリッツィオさんが言ってくださったので、つい翻訳してしまいました。

(コメは抜粋)
え~、多分この選曲が彼に合っているとはあまり思えないね
例えば、彼にはもっと重要なテーマとかシリアスなものの方がいいと思う

そうね、その方が彼の表現の質が(感じられる)・・
うん、この曲の特徴である弾けるノリとか時々変化するリズムなどを彼が感じていない
どうだろう、僕に同意する?

ええ、そうね
次々に追い立てられるようなこの曲で表現が欠けていると、それが余計に強調されてしまうわ

そうなんだよ即興性がちょっと足りないね
いや、僕が言ってるのは最高レベルのアスリートの範囲で、ってことだよ
創り上げてます、という感じが強すぎる
即興的、自然な感じがあまりしないね





ニコアカウントがない方はコチラからどうぞ
http://www.nicozon.net/watch/sm22183774


小塚選手に欠けているとよく指摘される部分、アピール感、オレ様ナルシスト感、小粋にリズムを刻むとか、
茶目っ気たっぷり、即興性、などそんな動きがモロに出るプログラムを「何で五輪イヤーに選んだか!?」
ここがとても疑問に思うところです。
新しい分野に挑戦する、足りない部分を克服する、前進あるのみ、というチャレンジは素晴らしいのですが、
なぜ今年なのか?と。

真央選手とのルパン三世やソトコちゃんとのタンゴ、コヅのあまりの一生懸命さに観ているこちらが
恥ずかしくなって、居たたまれなくなった。
今回のSPを観ていてそのときと同じ気持ちになりました。

小塚選手の透明感や極上の滑りで観る人を惹き込むプロはもっと他にあったはず。
それも怪我から復帰の今シーズン。
今までの滑りにさらに磨きをかけ他を圧倒する、という手堅い戦略を取ってもよかったんじゃないのかなぁ、
と思ってしまうんです。特に日本男子の激戦を考えると。

まぁしかし、Pチャンのように自己の滑りの美しさを強調する同じような曲調ばかりを選んでいても、
これまた新鮮味が無いのは事実なのですが。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーサイト

category: 小塚崇彦

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: 中国杯  SP 

△top

コメント

 

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

イタリア解説に関しては、>批判というよりは、期待していたものが見られなくて残念・・そのとおりです。

ティク・ファイブ』は素晴らしいプロでした!ジャズ系でもあれは小塚選手の魅力が引き出されていて
私も好きでした。有香さんが彼の個性をよく理解していた、には納得です。
私も今回のプロはカートにピッタリじゃない、と思って観てました。ボーンの振り付けですけど・・

ジョニーさんはそんなことを言っていたのですか、知りませんでした。
本当に良く言い得ていますねぇ。
> > 得意分野の開拓(足元・・ネーミングが素晴らしい)、これには大賛成です!!

お茶の間 #- | URL | 2013/11/06 02:05 | edit

Re: タイトルなし

京野とゝこ さん

もうベテランの域に入ってるのだから、観客から「もっとリラックスして」と心配されながらの
滑りはちとマズイですね。
>常に何かを考えながらやっているように見える
そー、そー、そこなんですよね・・
彼には「心の底からの開放」「心の解き放ち」みたいなイメージトレーニングが必要かも?!
まぁでも本人もそれを乗り越えようとこのプロに挑戦中だと思うので、全日本での進歩を楽しみに待ちます。

お茶の間 #- | URL | 2013/11/06 01:58 | edit

残念ながら、お二人のコメント、よくわかります・・・・・・。
小塚選手、せめてもうちょっとリラックスして演技が出来ればいいのになぁ・・・と思って観ていました。競技だから難しいと思いますが、逆に競技だからこそ・・・。
この小塚選手の演技って、体は大きく動かしているのに、常に何かを考えながらやっているように見えるんですよね。
せっかく素敵なスケーティング技術を持っているのだから、いけ好かない位、余裕の体で音に乗って演技して欲しいなぁ、と思っていました。多分、小塚選手なら、いけ好かなく見えないだろうし。
ちょっと淡白に見えがちな小塚選手には、逆にこのSPの曲でリラックスして、楽しそうに演技したら素敵だろうなぁと思うんですよね。

京野とゝこ #- | URL | 2013/11/06 00:51 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/11/06 00:32 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/11/05 17:04 | edit

Re: タイトルなし

ママ さん

いらっしゃいまし~。
そう、選手をトータルコーディネイトする人物は必要だと思いますねー。
例えばJ・バトル、現役時代ウィル姐が振付け、演出してたときは髪型も衣装もそりゃぁ素敵でした。
でも引退して自身でコーディネイトを始めた途端、え~~、その髪型にその衣装はないだろ、
ってのが増えて残念でした。ベースは最高なのに無駄遣い、みたいな。
コヅの衣装は・・もう長年指摘されていることなので本人も聴く耳は持った方がいいかと。
自分の好みと氷上で人が見て素敵だ、と感じるのは同じではないですもんねぇ。

コヅが神様と崇拝しているカート・・私はこの人が苦手なので先入観が入ってしまっての意見かも
しれませんが、コヅが自分にない部分をカートに見て憧れる、というのは理解できます。
でもエンターティナーといいう部分で2人の持ち味があまりに違いすぎて、そこでコヅが惑わされている
部分があるんじゃないか、とチト心配してしまったり。
コヅにはもっと堂々とした部分で観客を魅了する力があると思うんですよ、アメリカンエンターティナー
じゃなくて。
もちろん表情、軽快さなんかはカートから習得して欲しい部分ですけど・・ね。

お茶の間 #- | URL | 2013/11/05 16:39 | edit

Re: タイトルなし

Koa さん

コメント有難うございます!
五輪イヤーでの真央選手の「鐘」の選曲、イタリア解説陣には不評でした。
当時私の中では最高のプロ!と感じていたので、その良さを分かってもらえないのがとても残念でした。
誰もが同意見で賞賛する、というプロはなかなか無いと思うんですが、小塚選手にはもっと滑り込んで、
リラックスしてこのプロの特徴をより深く表現していって欲しいと思います。

お茶の間 #- | URL | 2013/11/05 15:45 | edit

Re: タイトルなし

まっきー さん

コメント有難うございます!
あ・・中国杯です!大急ぎでニコのタイトルも直してきました^^;

私も大昔NHK外国語講座からイタリア語を始めたんですが全然続かず、大学での第二外国語は仏語で、
こちらはもう発音も文法も最悪でした。
当時からすると今イタリア語の翻訳をやっている自分など考えられませんし、まして沢山の方にそれを
お見せするなど夢にも思わず・・
人生何が起こる分かりませんね~。
またいらしてください、grazie!

お茶の間 #- | URL | 2013/11/05 15:19 | edit

こんにちは
たかファンから怒られちゃうかもしれないけど(笑)
やはり衣装も含めてトータルで演出路線を企画するべきではないでしょうか。選曲に関しても。
採点が伸びないのは、イタリア解説の通り訴えかけるものが足らないからなんですね。ああいう曲は殿の方が合ってる気がします。
フリーはいい曲なんですが、無表情で淡々とこなしてる印象で勿体ないです。では顔芸をすればいいのか?という問題ではないんだけど、やはり地味に見えます。
顔の表情はもう少し変化も欲しいです。あとメリハリ。
スケートって技術だけじゃダメなんですね……まさに技術と芸術の賜物。

言いたい放題ママ #- | URL | 2013/11/05 11:48 | edit

私は小塚選手に一番合っている曲はジャズだと思っているので、今季の選曲は良いと思いました。
試合では失敗もあり動きが固かったためぎこちなさが残念でしたが、これを完璧に滑りこなしたら彼の持ち味を活かした名プログラムになると思います。
小塚選手はスケーティングがもっと評価されて然るべき選手なので、今季これからの活躍を期待しています。

Koa #- | URL | 2013/11/05 10:28 | edit

ブログ、いつも楽しみに拝見させていただいてます。
コメントするのははじめまして(だと思います^^;)、まっきーと申します。

ところで、訳してくださった動画は 「中国杯2013」 かと^^
“レクサス”目立ってますし!

イタリア語は昔、NHK語学講座で興味を持って
ウ~ノ、ド~ゥエ、トレェ… と始めかけたことがあったんですが続かず…
でも、リズムとかはやっぱり好きで
お茶の間さんの訳を見ながら、イタリア語解説動画を見るの楽しみにしてます^^
これからもこちらにお邪魔させてくださいね。では、arrivederci !!
(使い方間違ってたらスミマセンm(_ _)m)

まっきー #- | URL | 2013/11/05 09:21 | edit

Re: お二人の意見に激しく同意します

ひろ さん

コメント有難うございます!
やはり五輪を賭けたシーズンの試合は特に緊張するんでしょうねぇ・・
それでも、ノリノリなリズムを強調したこの曲は楽しく、小粋に滑って欲しいですね。
全日本までにどこまで観客を巻き込むような演技に持っていけるか、見守りたいと思います・・

お茶の間 #- | URL | 2013/11/05 03:36 | edit

お二人の意見に激しく同意します

私もこの試合を見て同じ様に感じていました。
アイスショーで滑っている動画を見た時は凄くノリノリでリズムにノって自由な感じに見えたんですけどね~。
ショーでは出来ても試合になるとどうしても固くなってしまい、ノリの良さや楽しさが消え失せてしまう…、小塚君はこの様なパターンが多い様に感じます。

ひろ #L9ACpnHw | URL | 2013/11/05 02:01 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/99-9b4b6f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。