QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2011年GPF 官能的なブルースに会場はライブハウス化! 

 

高橋大輔 FS:Blues for Klook

濃厚なブルースに会場はライブハウス化!
最後のコレオステップシークエンスに入るところで会場から「ウァ~!」と大歓声、それに続いて
「ヒュ~ヒュ~」と男性の掛け声も。すごい盛り上がりです。

イタリア語の<sensuale>は<セクシー>とも訳せますが、それだとどうも高橋選手のこの濃厚な
ブルースには軽る過ぎる言葉のような気がして、おば様たちの声も私には<官能的、ウフフ・・>と
聞こえてきてしまい、訳にはあえてこの言葉を使いました^^;

(コメは抜粋)
・このフリープログラムはとても官能的、とても独特です
・このプログラムは天才的、彼もとても感情を入れ込んでますよ
・彼も4回転を入れてくるでしょうか
・それとも少し軽い選択をして、クリーンな演技でまとめてくるか
・4回転来ましたね!
・着氷が良くありませんでしたが、回転は足りてますよ!

・観客が興奮しているわ!
・ただただファンタスティコ・・・
・もう並外れてるわ!並外れてる

・特別だわ!
・彼はどんどん氷に惹き込んでいくの。彼と一緒にリンクに・・魅力的だわ
・私は官能的に感じるんですよ!

・ええ、とても官能的
・彼は音楽と一体なの
・彼は音楽の中にあって、音楽のために滑り、
・そして何かを表現しようと・・
・テクニカル・エレメンツは単に規定要素として 細かく演技に組み込まなければなりませんが
・それらを見ていても全体を通してのプログラムとして
・心地がいいんですよ!信じられないような・・・
・この青年の足の動きといったら!ファンタスティコ!

・もう完璧な演技、芸術的な成熟度といい
・彼のような全てを備えたスケーターは他にいないんじゃないでしょうか
・毎回そう感じさせます





ニコ動アカウントが無い方はこちらから見られます
http://www.nicozon.net/watch/sm16398401

SP5位から追い上げて総合2位でした。
高橋選手+カメレンゴさん、最高のコンビです・・・点数もっと出して!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーサイト

category: 高橋大輔

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: GPF  高橋大輔  FS 
tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

Pさんのスケーティングの綺麗さに驚いたのはバンクーバーのときでした。世界選手権で優勝したバトル選手を抜いてカナダ選手権を連覇、いや~手ごわい選手がいるんだな・・と。
イタリア解説陣も彼のスケーティングはべた褒めです。でもなんでしょうか・・スケーティングの美しさやスピードの凄さは分る(実際に見たことは無いのですが)のに、演技に惹かれないんです。
音楽付きのコンパルソリーみたい・・で。
唯一これは!と思ったのはバトル振り付けのEX・エレジーで、この方向で進んだらやはりコワイ・・とは思いました。結局、何回転んでもPさん点が出る政治的な操作、今度こそ五輪男子シングル金!というカナダの執念が、私が素直に彼の演技を見られない白けさせている部分なんだと思います・・

お茶の間 #- | URL | 2013/06/28 20:54 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/28 11:03 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

これだけ会場を興奮の渦に巻き込む最高の演技をしても、全く印象に残らないPさんの
器械体操には勝てないなんて・・
カナダも韓国マネーのISUもやりたい放題で、一体選手を何だと思ってるんだ、と本当に腹が立ちます。

>採点は以前にない演技で比較しようがなかったから・・・と私は想像してます
<・・・‘これがジャッジの言い訳だと’私は想像してます>ということですよね(笑
この際SPは全員同じ曲にすればいいのに、と思ってしまいますね・・

お茶の間 #- | URL | 2013/06/27 01:25 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/26 15:08 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/35-d75ff607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。