QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

2015世界選手権 パパダキス&シゼロン圧巻のFDで優勝! 

 

パパダキス&シゼロン

・SD:Escobilla&Farruca / 71.94 点
・FD:モーツァルト ピアノ協奏曲第23番第2楽章 / 112.34点

ぱぱ1-001

2015y03m28d_055653387-001.jpg


順位-001




やりましたよ!!
シーズン開始直後にノーマークだったこの二人の演技を観てびっくり。
これはすごいことになりますよ、と皆さんにお伝えしていた通りワールドタイトルを勝ち取りました!
19歳&20歳の若きカップル、FDで経験豊かな優勝候補のカップルたちを前に圧巻の滑りで優勝です。
いやぁ・・身震いしました。
シーズン当初から素晴らしいパフォーマンスを見せていたのですが、この大舞台でSD4位からの大逆転のFD、
シニアに上がって2期目という若手が112点という、デーヴィス&ホワイト、ヴァーチュ&モイヤー級の高得点を
叩きだしました。
その演技といったらもう・・会場の空気をガラっと変え、中世にタイムスリップしたようなノスタルジーと
今まで見たこと無いような新たなアスイダンスの世界感を、しっとりと、軽やかに表現。
一つの懐かしい物語を観ているかのような、魂に響く何か特別なものを感じました。

















このプロの振り付けはコーチでもあるマリーフランス・デュブリュイルなのですが、以前フランスにお住まいの方
がこのプロの由来をコメントで教えて下さいました。

「このプログラムは、1994年にコンテンポラリーダンスの振付家アンジェラン・プレルジョカージが
パリオペラ座に振付けた作品「le Parc」の中のデュオ部分を下敷きにしたもの。
コーチが「大人に脱皮できるよう」選んだテーマで、同テーマが数年前CMにもなっていましたね。」


ということなので、元の作品を探してみました。



なるほど・・、この雰囲気、世界観を壊さずにアイスダンスに合った美しいステップやトランジッション、リフトなどを
散りばめ若い二人にピッタリなプログラムを創り上げたデュブリュイル・・
彼女もまた物凄い才能の持ち主ですね。


関連記事
→ アスダンス・パパダキス&シゼロン優勝
2014年 エリック杯 パパダキス&シゼロン やっぱり凄いわ
→ 2014年 中国杯 パパダキス&シゼロン 久々に鳥肌
→ 2014年 中国杯 パパダキス&シゼロン ナハロ氏!




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ



スポンサーサイト

category: パパダキス&シゼロン

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: パパダキス&シゼロン 
tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

Re: モーツァルト

nao さま

やりましたねぇ~。
SDで4位になったときは、やはりそんなに上手くはいかないのか、3位までに入れば・・
などと思ってしまいましたが、捨てるものもなくトップを追う立場でFDを思いっきり滑りきれたのが
よかったのかもしれませね。

応援有難うございます^^

お茶の間 #- | URL | 2015/03/28 23:19 | edit

モーツァルト

初めてコメントします

こちらで紹介されて注目していましたが、やりましたね!
素晴らしいプログラム。

このブログ、いつも楽しみにしています。

nao #J4yURx8Q | URL | 2015/03/28 09:09 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/312-80644269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。