QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

アスダンス・パパダキス&シゼロン優勝 

 

アイスダンス総合順位
1位:179.97点 ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン (FD108.91)
2位:171.52点 アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ     (101.89)     
3位:160.95点 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン   (96.00)    


danza2-001.jpg
 

パパダキス&シゼロン組 やりましたね~!
シニア2年目にして昨年11月のGPS中国杯、エリック杯で優勝、GPF3位、仏杯1位、そしてその快進撃のまま
欧州王者に輝きました。

中国杯のフリーの演技で私は目が釘付けになり、その時の記事に「今期の台風の目になりそうですよー」
と書いたのですが、その通りに。
コンテンポラリーな作品の中にも、エレガントでヨーロッパの気品を感じさせる2人。
パパダキス選手はギリシャ系仏人で、まさにギリシャ彫刻を思わせる独特な彫りの深いお顔立ち。
そしてこのシゼロン選手のスケーティングの素晴らしさと言ったら!
SDの解説では「背中の表情や腕のホールドで演技を見せられる数少ない選手、アーティスト。」と
絶賛されてたんですが、ホントにそう。

カッペリーニ&ラノッテ組 も頑張りました。
GPS初戦でルカのまさかの転倒、以後GPSを棄権して、この欧州選手権に焦点を合わせてきました。
プログラムの見直しと共に衣装や髪型も新しくして、現世界王者の威信を賭けて臨んだ試合でした。
とんでもないプレッシャーの中での戦いだったと思います。

ステパノワ&ブキン組 イリニフ&ジガンシンの失速によりチャッスをしっかりモノにしました。
ジュニア時代は常にパパシゼ組の上を行き注目を集めていたものの、それ以後大きな飛躍もなく
ここに来てパパシゼに大きく水をあけられ(コメ・伊解説より)、その上ロシアのカップルとしては
常にイリジガの影に隠れており・・。
この表彰台は大きな収穫ですね。


















3月の世界選手権はウィーバ&ポジェ、パパシゼ、カペラノ、この3組が優勝争いの中心になってくるでしょう。
ウィーポのFD、「四季」のラストの疾走感のあるシークエンスもお気に入りです。
楽しみですね~。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ



スポンサーサイト

category: アイスダンス

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

Re: パパダキス&シゼロン組

パリン さま

シニアに上がった頃の彼らのインタを読んで、10年来のコンビというのは知っていたのですが、
プログラムの件は知りませんでした。
コーチのデュブリュイルが一から振付けた、と思っていたの「彼女は天才!」とびっくりしていたんです。
今度彼らの翻訳動画を記事にするときに、この情報を参考にさせて頂きます。
有難うございました!

お茶の間 #- | URL | 2015/02/04 02:47 | edit

パパダキス&シゼロン組

同じ放送をパリから見ていました。フランスのメディアで色々紹介されたことによると、1、息が合っているのは、10年来のコンビだから。パパダキスのママがフィギュアのコーチで、シゼロンを見つけて娘と組ませたのが最初だそう。2、このプログラムは、1994年にコンテンポラリーダンスの振付家アンジェラン・プレルジョカージがパリオペラ座に振付けた作品「le Parc」の中のデュオ部分を下敷きにしたもの。コーチが「大人に脱皮できるよう」選んだテーマで、同テーマが数年前CMにもなっていましたね。世界選手権も楽しみです。

パリン #- | URL | 2015/02/03 22:15 | edit

Re: タイトルなし

フランシス さま

パパダキス、というのもギリシャ特有の苗字らしいです。

>若いカップルだけど、成熟さを感じます。
>演技の入る前の小芝居?がいい。
ですね~。あの若さでしっとりと落ち着いた雰囲気が出せるとは。
小芝居はこれから始まる演技に観客を誘い込んでくれますよね。

このモーツァルトはコストナー選手がワールド初制覇したときと同じ曲なんですが、
こちらも全く違う解釈で彼女の良さが引き出た魅力的なプロになってます。
翻訳した動画があるのでよければご覧下さい♪
http://edokkoisho.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

お茶の間 #- | URL | 2015/02/01 08:32 | edit

パパシゼの彼女、ギリシャ彫刻みたいな顔だなと思ってたら!
やっぱりそれ系だったんですね。
若いカップルだけど、成熟さを感じます。
演技の入る前の小芝居?がいい。
音楽も素敵。モーツァルトなんですね~
途中、明るい曲調に変わって、最後またしっとりした雰囲気になるのも好き。改めてクラシックっていいなーと思いました。
もうこの曲が耳にこびりついて当分離れません。
ちょっと前はバラ1&オペラ座&ファイナルタイムトラベラーだったのに。
世界選手権が楽しみです♪

フランシス #- | URL | 2015/01/31 22:19 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/289-bdeab714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。