QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

今年の日本の情勢は・・モイラさんの占い 

 

結城モイラさんという方が今年の日本を占っています。
→ 結城モイラの公式ホームページ

→ Moira's Message ------------------- 2014/12/31
2015年は闘いと覚醒のとき

2015年とはいったいどのような年でしょうか? 星の動きを長いスパンでご理解いただくために、お手数ですが昨年の「Moira’s Message」もお目通しください。当然のことながら星の動きは年度単位でガラリと変わるものではなく、ある星は何年間も移動せず、またあるものは年をまたいで影響しているなど様々であるためです。


昨年は「日いずるとき」と題したように、蟹座の木星や春分図における上昇宮・山羊座の影響から保守的な潮流が沸き起こり、国を守ろうとする気概の人々が現れてくると予見しました。第二次安倍政権が「日本を取り戻す」というスローガンを掲げたのもまったく同じ流れで、単なる偶然ではありません。2014年の年末に行われた衆議院総選挙においても、保守的政権が勝利しました。これはまさに「日いずるとき」の確かな始まりの象徴と言えます。


さて、2015年も昨年と同様に山羊座に冥王星が、牡羊座に天王星が居座っています。冥王星は「いったん物事が壊れ、その後に立ち直る」ことを意味する星。「隠れていたものを暴きだす」パワーもあります。そのため今まで伏せられていた事実、嘘で封印されていた真実、検証の手が届かなかった事柄などが次々と明るみに出てくるという浄化作用も働くでしょう。また天王星は「改革、変化」を司り、世界が、時代が大きく変わる変革期にあることを暗示しています。しかも獅子座の木星、射手座の土星、牡羊座の天王星と、星々が火の星座を進行していますから、世界のあちこちで混乱やテロ、闘いが起こり、一時は激しさが増すばかりで止まるところを知らずといった状況になるでしょう。困ったことに、この破壊的で爆発的なエネルギーは自然にも作用し、昨年同様に地球規模での異常気象、火山爆発、森林火災、地震などの災害が懸念されます。


そしてもうひとつ気がかりなのは、射手座を進行中の土星が逆行し、6月半ばから9月半ば過ぎまで蠍座に入ることです。それによって世界で起こる闘いは、なかでも日本を取り囲む情報戦などが一段と陰湿さを増していく恐れがあります。日本内外から襲ってくる日本を壊そうとする勢力によって、私たち一般人のプライドが打ち砕かれ、失望感から「日本はもうだめだ! 終わりだ! 」といったネガティブで自虐的な思いや言葉が蔓延する心配があるのです。あるいは破壊勢力によって、自虐的なものが意図的に流される場合もあるでしょう。


でも私はぜひあなたに知っていただきたいのです。宇宙の法則には必ず救いがあるということを! こうした日本を壊そうとする陰湿な仕掛けは、雲海の遙か高所から観れば、どれも「悪しき幻影」だということ。混乱の果てに訪れるのは実は「破壊」ではなく「新しい秩序」です。時計の振り子がもとに戻るように、時が来れば安定したあるべき状態に必ず戻るのです。したがって、2015年に求められるものは「真」と「偽」を見極める心の目の「覚醒」と、破壊勢力に負けない、断固とした信念の「闘い」の実践です。

続きは直接コチラに飛んで読んでください。 → 結城モイラの公式ホームページ




日本への締め付けが更に酷いことになりそうですが・・
「2015年に求められるものは「真」と「偽」を見極める心の目の「覚醒」と、破壊勢力に負けない、
断固とした信念の「闘い」の実践」

この言葉を忘れずに1年を乗り切りましょうー!




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

category: その他

thread: 政治・経済・社会問題なんでも - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 7

△top

コメント

 

最近ドイツで起こったVW車関連の事件が

>2015年も昨年と同様に山羊座に冥王星が、牡羊座に天王星が居座っています。冥王星は「いったん物事が壊れ、その後に立ち直る」ことを意味する星。「隠れていたものを暴きだす」パワーもあります。そのため今まで伏せられていた事実、嘘で封印されていた真実、検証の手が届かなかった事柄などが次々と明るみに出てくるという浄化作用も働くでしょう。

の部分にピッタリ当てはまっていて、身震いがしました、すごいモイラ女史・・・

古い記事にレス付けて申し訳ない。でもググっていてどうしてもレスしたくなりました。

名無しの日本人 #- | URL | 2015/10/11 07:46 | edit

Re: 嘘と真実が吐き出される

なと さま

無数のお花畑を目覚めさせる、反日を追い出す、消滅させる・・
皇室始め政界、メディア、多くの企業の中枢を握られてしまっている今、日本が実権を取り戻すためには
想像を絶することが起らない限りは無理でしょうね。
ということは・・・物凄い1年になるかもしれません。
相手は弱小朝鮮ではなく、裏で糸を引く黒幕がいるわけですから。

>冒涜しといて、正義をふりかざしているような不愉快さ
これもヘイトスピーチと同じやり方ですね。いつも仕掛ける輩がいて・・

お茶の間 #- | URL | 2015/01/14 07:04 | edit

嘘と真実が吐き出される

お茶の間さん、こんにちは!
日本を貶める声がさらに高まりそうな1年。かの国々は一度いい始めたら日本が屈するまで言い続けるとは思っているので、なるほどなぁ、と思いました。救いは真実も表沙汰になるということでしょうか。大多数のお花畑さんを目覚めさせるためには、このくらい必要じゃないかと思います! 反日の実態を報道せざる得ない状況って、どんなことが起きなきゃダメなんでしょうかね。
フランスのテロ、確かに言論弾圧だし命を奪うのは許されないけど、 あの新聞社がムダにイスラム教徒を挑発していた部分は否めないと思います。冒涜しといて、正義をふりかざしているような不愉快さも感じます。今のローマ教皇がイスラム教との融和姿勢を示していただけに、残念です。

なと #- | URL | 2015/01/13 15:54 | edit

Re: モイラさんGJ!

夜想曲 さま

チョンチョリーナ(笑
無知の正義感の暴走というのは手のつけようがありませんね・・。
サザンも昔はファンだったので残念ですよ。
紅白はやってくれましたね。もう反日を隠すどころか大宣伝。

仏テロ事件こちらでは大騒ぎですが、なんだかなぁ。
もともと植民地でいい思いをしてたのはフランスだし、風刺漫画でテロを煽ったのも
フランス人。これでテロは許さんぞ、って行進しても。
もちろん人殺しはいけませんが。
ヘイトスピーチは日本が悪い、と同じで誰が一番初めに始めたの?とは誰も追及しないんですよね。

お茶の間 #- | URL | 2015/01/13 00:00 | edit

モイラさんGJ!

お茶の間様
結城モイラさん懐かしい〜、最近は雑誌を余り買わなくなって星占いも見なくなっていましたが、、
フランスのテロ事件も日本のテレビニュースは淡々として、遠い国の騒ぎのように報じています。
移民問題も触れません。
4月にはいよいよ皇太子徳仁が訪韓とも言われたり、傲慢で尊大なチョンチョリーナ•チョリーの話題もテレビなどでは触れません。
紅白で「アンブロークン」の日本兵役で出演した在日朝鮮人がSMAPと共演とか、反日を隠しもしなくなったサザンとか。移民受け入れどころか、在日南北朝鮮人や中国人を掃き出さなければなりませんね。

夜想曲 #- | URL | 2015/01/12 23:15 | edit

Re: タイトルなし

まりり さま

そうなんですよね、どこか他の世界の夢物語と取るか、思いっきり心当たりがあるか、
同じ事象を見ていても受け取り方はその人次第・・・。
お馬鹿アンジェリーナも捏造映画を引っさげてバチカン法王謁見、などととんでもなことが
これでもか、と続きそうですが明日を信じて進むしかなですねぇ・・。

お茶の間 #- | URL | 2015/01/12 21:57 | edit

こう、なんの不安もない世の中だと、こういうのって漠然としてて壮大なスケールで、
SFチックな夢物語と捉えるのかもしれませんが、
陰湿な情報戦を仕掛けてきそうな内外の外のところにメッチャ心当たりがあったり、
内外の「内」は在日とマスゴミだなぁなんてスッと思い浮かぶだけに、
「今年もヤツらにうんざりさせられるのか」と思いつつも「負けるもんか」と
決意を新たにしたりなんかいたしました。

まりり #- | URL | 2015/01/12 20:29 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/279-61cf1dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。