QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

‘歴史的な表現者を失う’イタリア記事翻訳  

 

競技としてのフィギュアスケート界は、この15年間で最も代表的な
顔であり、歴史上表現者として語る上で欠かせない選手を失うことになる。


dai4-001.jpg

イタリアのウィンタースポーツWEB誌・NEVEITALIA の記事。
ダイスケさんの引退に関しここまで言ってくれてます!

Neveitalia (10月14日)

ざっくり翻訳です。



ダイスケ・タカハシは28年前に生まれた故郷の倉敷で、選手生活からの引退を正式に表明した。
そのニュースは突然にやってきた。4月の終わり、彼の所属する関西大学で行 われた表彰式の中で、
この日本のフィギュアスケートのアイコンは自分の将来を最終決定するまでに1年間様子を見たい、と言っていた。
思い返してみれば彼のキャリアの最後の期間は、取り返しのつかないような結果に繋がった身体的な問題に
対処していかなければならなかった。
その上3月には慢性的な膝の問題で、彼の素晴らしいキャリアの終焉に華を添えるために用意されたような、
母国開催の世界選手権を棄権しなければならなかった。

「競技から引退することを決定した」とタ カハシは言った。「自分の人生の次の目標に集中するために。
本当のところ、この決定は自分にとっても突然のことで、当初1年間考えて競技に戻るかどうかを決定しようと
計画していた。 しかしこの時期の始めに今後について考えていく中で自分の中で何かスッキリしない部分があり、
最良の選択肢は引退して区切りを付けることだと思った。
これから人生はまだ長く、様々な計画や興味を惹くことは幾らでもあるが、時間や情熱が必要。
今の時点では何をやるのかは未定だが、この先のことを考えたときこの決定は不可欠だった。」

競技としてのフィギュアスケート界は、この15年間で最も代表的な顔であり、
歴史上表現者として語る上で欠かせない選手を失う ことになる。


タカハシは日本男子スケートの黄金時代の先駆者としていつまでも記憶されるだろう。
2002年、ノルウェーのハマールで日本男子初の世界ジュニアを制し、2010年にはオリンピックで日本人初の表彰台、
その数週間後には初のワールドチャンピオンとなる。その後2012年には初のGPファイナル制覇を成し遂げる。
この前例を見ないようなキャリアに唯一欠けていたのはオリンピックのタイトルだった。

ゲルゼンキルヒェンGP(当時はボ・フロスト杯)でデビューした日から、ファーストレベルの試合
(GP、世界選手権、4大陸選手権、オリンピック、国別対抗戦)48試合に参戦し14回の優勝、29回表彰台に上った。

* GPシーリズ8勝(最終勝利は去年11月のNHK杯)
* GPファイナル制覇(2012年12月ソチ)
* 四大陸選手権2勝(2008年高陽市、2011年台北)
* 世界選手権優勝(2010年トリノ)、ジュニア世界選手権優勝(2002 年ハマール)
* 国別対抗男子部門2度優勝(2012、2013年)
* オリンピック銅メダル(2010年バンクーバー)
* 世界選手権3度表彰台 (2007, 2010, 2012)
* 4大陸選手権4度表彰台 (2005, 2008, 2011, 2012)
* GPファイナル5度表彰台(2005, 2006, 2007, 2011, 2012)
* 全日本5度優勝、8度表彰台
* ソチオリンピックでは6位、彼の最後の競技試合として記憶されるだろう。

激動の日本のフィギュア競技界は、ここ数ヶ月の間に織田信成、鈴木明子、安藤美姫、タカハシを手放すことに
なってしまった。さらに忘れてはならないのが、浅田真央も競技の世界でキャリアを継続していくことには
大きな疑問が残るということだ。
それは今、(フィギュア界が)既に新しい時代の真っ只中にいる、ということなのだろう。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

category: 高橋大輔

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: 高橋大輔 

△top

コメント

 

Re: タイトルなし

鍵コメ さま

きましたねー!
スイス・・近いといえば近いしなぁ、なんてちょっと考えてたりしてマス。
ランビと踊りまくっておしゃれなショーになりそうですよね。
ダボスって安倍さんが会議に出た都市ですよねぇ。スケートと全くイメージが繋がらない(笑
でもこのご時勢の欧州で公演回数が増えるなんて大したものです。
(真央ちゃんにも打診してるのかな、なんて期待してみたり)

オペラオンアイス・・主役のカロはどうなってしまうんでしょうねぇ。


お茶の間 #- | URL | 2014/10/27 07:28 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/26 22:53 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ さま

そうですね、応援してくれたファンのため・・。
ソチで台乗り、そして日本ワールドでの花道を観たかったですね。
本人もそこがやはり引っかかっていたのでは、と思います。

昔は若くて引退、そのままプロの試合へ参戦・・という流れだったので楽しみは続きましたけどねぇ。
アイスショーもいいですが、やはり試合の緊張感というのは特別ですから、そっちでダイスケさんや
真央ちゃん、カロ、ベルネル等々、大人の世界で競う姿を観てみたいナァ、なんて思っちゃいます。






お茶の間 #- | URL | 2014/10/22 04:45 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/10/21 22:46 | edit

Re: 大感激しております。

D-Love.Takako さま

リンクはご自由にドゾ。
ご紹介有難うございます^^

お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 21:29 | edit

大感激しております。

素晴らしい翻訳を、Twitterでご紹介頂きました。
いきなりお邪魔して厚かましいと思いますが、
ワタクシもブログにご紹介させて頂きますm(_ _)m。
トラックバックさせて頂きますので、
宜しくお願い申し上げます。

D-Love.Takako #- | URL | 2014/10/20 20:57 | edit

Re: 翻訳、ありがとうございます。

小梅 さま

あのマンセーモーニングですねっ!
メンバー諸共日本から消えて欲しいものです。

記事はリンクフリーですので、ご自由にどうぞ^^

お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 20:29 | edit

翻訳、ありがとうございます。

いつも楽しませて頂いております。
今回のイタリアの記事を日本の偏見に満ちたサンモニ
のメンバーに見せてあげたいくらいです。

ところでこの翻訳記事ですが、自身のブログで紹介して
も宜しいでしょうか?

小梅 #- | URL | 2014/10/20 19:58 | edit

Re: タイトルなし

ローダ さま

>寂しくて悲しくて心の中にポッカリ空いた穴はどうしたら・・
でもこのように世界から評価されるダイスケさんと一緒に歩んでこられてよかったですよね。
大きな誇りです。
空いた穴はとりあえず落ち着くまで、今までの演技を見返して思い出をさらに膨らます・・とか(笑

ファイギュアがフェアなスポーツに戻る日は来るのか・・
ISUの一掃から始めないとダメですね。早くその日が来て欲しいと思います。

これからまた色々な情報が出てきたらブログでお知らせします。

お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 17:24 | edit

Re: ステキな翻訳を有難うございます。

jona さま

>イタリアのスポーツニュースでも大ちゃんの引退のニュースは報道されたそうですね
そうなんです、フィギュアファンでない友人から「ダイスケ引退したんだってね?ニュースで見たよ」
と言われました^^

ジブリもコスプレも(笑 大人気ですよ。
近所に漫画本のお店があって、日本大好きな若い子で大盛況です。

特に芸術面ではうるさいイタリアからこれだけ評価される、というのは本当に嬉しいですよね。

アンチのコメの件ですが、私が言っても効果はどれほどあるのか・・。
ニコ動は定期的にパトロールしないととんでもないコメが入っているときがあって。
全く困ったものですねぇ。

お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 16:30 | edit

Re: 素晴らしい記事ですね!

なら さま

>チン苦が同じイタリア人とは信じがたい・・・(苦笑
まぁイタリアは元々世界最高の芸術家とマフィアが同居してる国ですからねぇ・・。
しかし大ちゃんの靴のネジが取れた時のやつの嬉しそうな顔といったら=3

もうおばちゃん方のダイスケ解説が聞けなくなるのかと思うと淋しいですね。

>オペラ・オン・アイス
ここにコスがいれば最高ですが、う~む、どーなることやら・・


お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 16:10 | edit

Re: タイトルなし

ママさん

>浅田も続けることは難しい?という事なのかな?
本人のモチベーション&若手の成長と両方の意味で、と私は解釈しました。

>最後は日本全盛期が終息しつつある的な、まとめですね。
ですねー。一時代の幕が閉じ、しかし新たな時代は既に始まっている・・と。

イタリアもねー、このごろチラホラ名前を聞く選手はいるんですが、いまいちインパクトが
無くて。やはり後に大成するスターは若い頃から光ったものを持ってるんですよね。

お茶の間 #- | URL | 2014/10/20 15:54 | edit

いつも本当に有り難うございます‼︎
いつかは来る日と覚悟していたつもりなんですが寂しくて悲しくて心の中にポッカリ空いた穴はどうしたら良いのでしょう?
改めて大ちゃんの素晴らしさに感服です。大好きなフィギュアスケートがフェアなスポーツとして益々発展します様に‼︎
ブロガー様も増す増す色々教えて下さいね‼︎
更なる御活躍を❗️❤️

ローダ #- | URL | 2014/10/20 15:35 | edit

ステキな翻訳を有難うございます。

こんにんちは。
いつもお茶の間様の素晴らしい翻訳でのニコ動を楽しく拝見させて頂いていました。
こちらでも、素晴らしい記事の翻訳を有難うございます。

イタリアのスポーツニュースでも大ちゃんの引退のニュースは報道されたそうですね。
職人の国のおかげか、いい仕事を肌の色に関係なく、きちんと評価してくれるという印象があります。(ジブリの人気が高い国とも聞いたことがありますし)
言葉も文化も違う国の方がこんな文書を寄せてくれるなんて本当に嬉しいです。いつもカロリーナにもたくさん声援していてよかった(笑)

それから、こちらの記事とは関係ありませんが、過激な言動をするスケートファンにきちんと忠告をしてくださってありがとうございます。99%のスケートファンはそんなことをしないと思いますが、1%が取る言動を目の当たりにすると強烈なインパクトで、書かれている内容より書いている人を向こう側に思い浮かべてしまいます。
このように素晴らしい仕事をしてくださる方のブログ主様の言うことは一目置いていると思いますので、効力があると思っています。

jona #- | URL | 2014/10/20 09:43 | edit

素晴らしい記事ですね!

お茶の間さま、

こんにちわ。
素晴らしい記事です。

イタリア人の表現力の感性は素晴らしい!
チン苦が同じイタリア人とは信じがたい・・・(苦笑

トリノワールドの時の解説も素晴らしかったです。

高橋大輔氏のように(もう選手ではないので!) 体全体で曲を表現する氷上のアクターは、芸術と共に生きるイタリア人の琴線に触れ続けたことでしょう。
来年は、真央ちゃん・大ちゃんで、オペラ・オン・アイスいかがでしょう?
なんて・・!

翻訳お疲れ様でした!

なら #- | URL | 2014/10/20 09:19 | edit

浅田も続けることは難しい?という事なのかな?
最後は日本全盛期が終息しつつある的な、まとめですね。
でもそうかもしれない。
これほど男女ともに沸かせた日本黄金期はもうないでしょうね。
イタリアもコスのように長年に渡ってトップで活躍した選手を輩出するのは当分ないかもしれませんね。

言い過ぎママ #- | URL | 2014/10/20 08:05 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/252-969b4801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Stella Eterna

{%流れ星webry%} デー人の皆様、ご機嫌よう {%流れ星webry%}

D1sk大好き! | 2014/10/20 22:35

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。