QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

カロの検察聴取はショーの前日・・ 

 

「カロリーナのアンチドーピング検察による聴取日が決定」
Neveitalia (9月15日 23時)

kar2.jpg


大まかな訳です。

ボルツァーノ検察庁によるシュヴァーツァーの予備調査での供述をより明確にするために、
CONI(イタリア国内オリンピック委員会) アンチドーピング検察はカロリーナ・コストナーを召集した。

カロはスポーツアンチドーピング違反、条項2.8及び3.3の調査に答えるため9月19日13時にCONI 検察に
出向かなければならない。

条項2.8<競技中及び競技外で競技者へ禁止薬物の投与、投薬、その試みをした場合、または競技外で
異なる方法での薬物支援、薬物強制、逃亡ほう助、隠蔽、などをした場合>
これに課せられるペナルティは、最低でも4年間の選手資格停止又は接触禁止、となる。

条項3.3<ドーピング事実の確認に関し、関係当局に虚偽の報告、非協力的な行動を取る>
この場合に課せられるペナルティは最高で6ヶ月間の選手資格停止又は接触禁止。


資格停止と接触禁止の違いは、本人が選手として現役である場合と既に引退している場合による。
実際カロは正式に競技から引退していないが、この判決は彼女の将来を決定付けることになるだろう。

接触禁止の有罪判決が出れば、カロは国内でイタリアの連盟が関わる全てのスポーツ機関への接触が禁止される。
そこにはアイスショーやスポーツイベントの参加、スポーツ施設やスペースの使用、他の選手との接触、などが
含まれる。


一方、日に日にボルツァーノ検察の予備調査の記録から、新たな詳細が明らかになっている。
カロの告白により、シュヴァーツァーが使用していた不思議な器具の内容が明らかに なった。
「彼はフレキシブルなホースがフェイスマスクに接続された電動器具を夜中中使っていた ので、
私はその音を遮断するために耳栓をしなければならなかった。」


シュヴァーツァーがその低酸素テント(訳者旦那の説明によると^^; ドーピングのセリアB=安くて質が悪い)
を 使用していたこともカロは認めた。
「彼が私のドイツの家に来るとき、リビングをこのテントで高所の環境に置き変えるため、その電動器具を
持ち込んでいた。初めて私がその器具を見たのは2012年で、それ以前から彼が使っていたのは知っていた。」


このドーピング問題に関わっているDr.ミケーレ・フェラーリに出会ったのは2010 年の春。
「2010年、ヴェローナの高速道路パーキングで一度だけ会った。私とシュヴァーツァーはキャンピングカーに
乗り込み、彼とDr.は話をしていたが、薬関係のものは見なかった。」


カロはアンチドーピング検察に、2012年のシュヴァーツァーの抜き打ち検査ほう助の詳細を説明する必要がある。

検察庁に召集されるのがOpera Popのリハーサル当日というのは問題であり、翌日土曜と日曜、
ヴェローナのアレーナにてショー本番が行われる。





ううう・・む。
検査官が抜き打ちで家に来て、全く知らずにあわてて彼の言われるがままに・・
という状況でもなさそうなカンジになってきましたよ・・
2012年より前から「不可思議な器具」をカロの家で使っていたこと、自転車王・アームストロングの
ドーピング大事件に関わっていた医師と同じ車に乗り込んだ。
それに以前の調書では「外で待っていた」ということになってたはずですが。

カロの身には何も起って欲しくありませんが、競技の世界のトップにいてその器具が何であるか
「何も知らなかった」で済ませられるものなのか・・。
翻訳しながら不安になってきました。


関連記事
カロリーナに問題浮上!
元彼とカロの供述、マネージャーの声明



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

category: カロリーナ・コストナー

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: カロリーナ・コストナー 
tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

Re: タイトルなし

りら さま

>彼女の人柄の良さとかは別の問題ですよね
「突然の抜き打ち検査で彼の言われるままにカロが検査官に嘘をついた」、
事件発覚当初はこのような発表だったので、カロは何も知らなかった、という前提で
多くの人が彼女に同情しました。あの優しいカロは事件に巻き込まれた被害者だ、と。

でも事実が明らかになるにつれて、戸惑ってるファンは多いのでは?私もその1人です。
おっしゃるとおり、人柄の良さと事件隠蔽は別問題です。

低酸素器具を元彼が彼女の家で使っていた事実はカロが2012年に告白しています。
これは彼女が隠していたわけではないので、今まで捜査を棚上げしていたCONI
(イタリア国内オリンピック委員会)などの関係機関が全て、彼女を五輪に出すためにストップを
かけてたのか・・など色々と詮索してしまいます。

カロはKYのお蔭で順位を下げられたことが何度かありますが、過去に点数で恩恵も受けた部分はあるかな、
とは思ってます。

お茶の間 #- | URL | 2014/09/18 01:59 | edit

始めまして、オリンポスを拝見してから、時々おじゃましています。

私はコストナーには、全く同情できません。
彼女の人柄の良さとかは別の問題ですよね。
五輪でメダルを目指すほどのアスリートならば、ありえない行動だと思います。これって、日本人的な考え?
バレなきゃ、やったモン勝ちですか?

コス姉さんは、ジャッジの恩恵を受けてるグループの一人、のイメージが強いので、さもありなんって、言ったらいいすぎかな。
彼女は、紙上最強女王とは違う、と思っていたかったんですけどね。
五輪メダルや成績はどうなるのでしょうね。
一時期の不振からカムバックしたというのも、素直に信じられなくなりました。

りら #- | URL | 2014/09/17 22:32 | edit

Re: なんか嫌な感じです。

なら さま

どーーもコスの情勢は悪そうですね・・
こちらのメディアに付くコメなんかは結構辛らつで、五輪出場はご祝儀、
結論を先延ばししてただけ、アスリートが器械の内容を知らなかったなどありえない・・
などと言われてます。

コスよりアレをどうにかして欲しいですよね。
我がもの顔でやりたい放題。ブーメランを心待ちにしてます。

お茶の間 #- | URL | 2014/09/17 19:46 | edit

なんか嫌な感じです。

お茶の間さま、こんにちわ。

カロコスの記事アップありがとうございます。
その・・怪しげな器機・・・なんなんでしょ。彼女も、しょーもない男と付き合ってしまったんですね・・・ 彼女自身はドーピングやっていないと思いますが。追求しますね・・・
ある人なんて、ドーピング検査もパス、何しても、お咎めなし、ジャンプするだけで加点。 そんな悪の塊にもメスを入れて欲しいのですが・・
継続したドーピングは命にかかわりますよね。 アメリカの陸上選手も・・ドーピング疑惑がかかっていて、若くして心臓麻痺かなにかで、亡くなりましたし。 ショーの前日ですか、きついなあ・どうか重罪になりませんように。。

なら #- | URL | 2014/09/17 15:42 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/247-ae38edbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。