QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ユリア・アンチポワ選手・拒食症で生命の危機・・ 

 

ロシアのペア、ユリア・アンチポワ選手(16歳)が拒食症のため7月末から入院していたが、現在生命の危機に
晒されている。(2013-2014年・世界選手権8位、ロシア杯4位、ババリアンオープン1位)


juri.jpg


→ Neveitalia (9月14日14時15分)

大まかな翻訳です。

2度の五輪チャンピオンで1年前からユリアのコーチを努めているArtur Dmitrievは、
8月中旬に、ユリアの体調問題により9月まで復帰しないと発表していた。
ロシアのテクニカルがユリアは入院している、と付け加えた。

彼女の問題を解決できる方法の一つはイスラエルの医療機関に掛る事で、その費用は20,000ユーロ(約270万円)、
この夏ソーシャルネットワークを通してこの資金援助が呼びかけられた。

ユリアは5月中旬まで新しいプログラムの振り付けをし、それからバカンスに出かけた。
6月中旬にソチでのトレーニングキャンプに来たときには、通常の体重から5~6キロ減っていた。
ユリアのコーチが親を呼び出しスタッフ側で専門医に連れて行く旨を告げると、
両親は自分達でどうにかする、と言いユリアの姉と一緒に旅行に出す。
しかしその結果容態は悪化し、それでようやく医師の指示の下7月末に入院させた。
コーチのArtur Dmitrievはユリアの家族を非難している。
「ユリアはある医療機関からほかの食事療法の病院へ移った、と聞いた。医師達はユリアは安定した状態
だと言っているが、まだ彼女は食べ物を口にすることは出来ていない。ユリアの両親は私の言うことに聞く耳を
持たないし、彼女のパートナーが彼女に寄り添うことも許さない。
当初は医療機関に診せる事も拒んだ。このままでは命が危ない、という最悪の事態になってようやく
専門家に診せた。」
イスラエルで可能な治療についてArtur Dmitrievは、ユリアの今後の治療法については主要関係者と充分に
コンタクトを取っているが、現時点で彼の知る範囲ではイスラエルの診療所に行くことは聞いていない、
またなぜ両親がロシアスケ連に資金援助を要請しないのか、理由が分からない、と話している。


<スイマセーン、↑誤訳が見つかり訂正しました(汗 >


→ Neveitalia (9月14日18時50分)

現在ユリアはロシアスケ連を通してモスクワの専門医の下に置かれ治療が続けられている。
今のところ国外の医療機関に掛る予定は無いが、必要となればスケ連は彼女のためにサポートする、
と声明を出している。



両親・・何があったんでしょうかね。
貧しい家庭で骨身を削ってスケート資金を作り出しているロシア人選手は多い、と聞きます。
日本でも普通の家庭でフィギュアを続けるのは大変、まして国際レベルの選手になると資金的負担は
相当なものでしょう。
7月ぐらいにユリアの医療費援助に関するツイッターを見かけました。

でもコーチも言ってますが、なぜスケ連に資金援助を頼まなかったのか・・・。

とにかく16歳のユリア選手、どうにか元気になって欲しい。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

スポンサーサイト

category: ペア

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tag: ユリア・アンチポワ 
tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/245-545430bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。