QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

グアムでも!日本が寄贈したものが・・ 

 

日本が寄贈したグアムの交番に現地韓国人がハングルの看板を掲げる
ガッジェット通信 →http://getnews.jp/archives/617545

フィリピンの学校に続いてここもだわ・・
<日本の援助で作られた小学校から『日の丸』が消され『太極旗』に改竄。
韓国軍が日本の海外援助の痕跡を抹消>この記事はコチラ → な・・なんと姑息な!

グアム

日本企業が交番やパトカーを寄贈したグアムの交番にいつの間にかハングルが表記されているのだ。
その表記は「タモン/トゥモン交番」と書かれたそうだ。

それを表記したのは在米韓国人だと言うことが判明。さてここからが少しややこしくて、日本語表記はしないのか? 
という疑問が湧いてくる。それに対しての返事は「金を出せば日本語も表記してあげる」という物だった。
しかしそもそもこの交番もパトカーも日本が寄贈したもの。
しかし日本企業は寄贈者を表記しないので、現地の人達はその事実を知らないのである。
このタモン交番は22年前に日本が2万5000ドルの寄付により建設された。
ソース:http://www.kuam.com/story/24200177/2013/12/12/tumon-police-koban-reopens-after-renovation

ここにきて出てくるのが、レイ・テノリオ副知事。副知事に抗議を申し出ると、同様に日本企業が寄贈し
た事実を知らなかったようだ。副知事を説得してみるも、「関係個所に問い合わせないといけない」と言われたそうだ。

しかし1時間後に副知事から連絡があり、「交番を見てみろ」と言われて見てみるとハングルの看板が
取り外されていたそうだ。

ここまでの副知事とのやりとりはケン芳賀氏が行ったもの。

昨日のフィリピンの国旗の書き換えといい、今回のハングルの表記といい、世界各国で韓国の小さなロビー活動が
行われているようだ。ハングルを放置していたら今度は何の銅像を造られるのかおおよその想像は付きそうである。



朝鮮人の盗み、八百長、改ざん、なりすまし・・は留まるところを知りません。
しかし・・日本人も謙虚過ぎますね。
名も出さず、そっと寄付、寄与、なんてのは昔の日本の中での美談。謙虚すぎてもいけません。
大げさなアピールは下品そのものですが、普通に<XXより寄贈>とさらっとどこかに書いておけばいいだけの話。
世界の様々な分野でどれだけ日本が無償で技術や物資を提供しているか、贈られた国も、贈った側の日本国民も
知らない人が殆どなんて残念すぎる。
自分の国の良さ、貢献度をきちんと後世に伝えていくことも、先人の役目だと思います。
でなければ、国に誇りを持て、と言われても若い人にはピンときませんよね。
歴史認識にしても同じこと。事実をしっかり伝えていかないといけませんね。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ



スポンサーサイト

category: K国関連

thread: 政治・経済・社会問題なんでも - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/207-1f4c23e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。