QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ロビン・カズンズ 極上のラフマニノフ 

 

ロビン・カズンズ 1993 WCOC:ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番 第2楽章

真央選手のソチに向けてのFSはラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番、と発表されました。
この曲は過去にも多くのスケーターが使っています。

今日ここでご紹介するのはかなりコアで殆ど知られていないのですが、私の「お宝ファイル」の秘蔵動画、
ロビン・カズンズのラフマニノフ。

ロビン・カズンズさんとはこんな人
1957年イギリス生まれ
英ロイヤルバレエスクール出身、
ロイヤルバレエ入団への道も開かれていたが、スケートを続行する
1976~1980年 イギリス選手権優勝
1978年 世界選手権 3位
1979,1980年 世界選手権 2位
1980年 欧州選手権優勝
1980年 レークプラシッド五輪 金メダル
引退後 世界プロフィギュア選手権 2度優勝
自らの会社を立ち上げ、アイスショーツアーを興行
振付師、演出家、俳優
英リアリティ番組「ダンシング・オン・アイス」の主審
BBCスポーツ解説者

記憶に新しいところでは、BBCの解説でバンクーバー五輪の高橋選手への熱い解説や、鈴木選手への
「good girl!fight,fight,fight!」(いいコだ!ファイト、ファイト、ファイト)などの嬉しい声援を
送ってくれる解説者でもあります。現役時には高くて雄大なジャンプ、柔らかい体に居酒屋稔さんが
「どうにもならないですよ」「あんな足が長いのに、あんな高く上げちゃうんですから」などとコメントしてます。

前置きが長くなってしまいました。
この動画は彼が引退してから14年後の、プロ選手の試合で滑ったラフマニノフの第2楽章。
第1楽章はご存知の方も多い重圧なテーマですが、第2楽章は美しい、流れるような優しいメロディーが特徴。
この曲に合わせ、カズンズさんが美しいスケートを見せています。
彼のスケーティングの特徴を解説者が語っているので、イタリア語ではないのですが翻訳してみました。

これぞスケート、と納得させられるような滑りが見られますよ
他の男子の競技者とは違ったナンバーを選んでいます
2Aのオープニング
スピードやリズムの変化の付け方に注目してください
ロビンは両方向の回転が出来るんです
キャメルスピンはジャンプを飛ぶ時とは反対の回転をします
これはとても珍しいことなんですよ
滅多にやる人はいません

とても難しいんだよね?
ええ、スケーターは通常自分の得意な一方向の回転があるの
このムーブメントは大好きだ!
彼を象徴する動きよ
バックエントランスからのキャメルそしてシットスピン、ノーマルディレクション(通常方向の回転)
そしてマイナー方向のキャメルスピン

まるで彼の憧れのヒーロー、ジーン・ケリーのようでした
ロビン・カズンズ、時を超えてかつての王者がここにいます

なんて純真無垢なのかしら!
彼がレイクプラシッドで金メダルを取ってから14年も経っているんですよ!

宝石のような、美しい大人の滑り。
バレエを長くやっている友人(英訳の添削アリガトウ^^;)にこの動画を送ったところ
「極上のチョコレートが舌の上でとろけるような感覚・・」と返事がきました。
前半のクロスフットスピンの辺りなど、まさにこの表現そのもの。
複雑なステップや難しいジャンプはありませんが、流れのある着氷、うっとりするようなスピン、
美しくもシャープなスパイラル・・。ロイヤルバレエ団に行けるほどの素質があった上に、努力を重ねてきた
結果でしょう。
その華麗なポジション、優雅で流れるようなスケーティング、各所に散りばめられたテクニックは、
現役引退から14年という月日が経った後でも衰えるどころか、大人の深みが増し、曲のもつ美しさを
最大限に引き出す極上の滑りとなって再びファンを感動させてくれました。
(私の初王子なんですよー^^)



動画主様お借りします
貴重な動画をありがとうございます!!

ニコ動アカウントが無い方はこちらから見られます
http://www.nicozon.net/watch/sm17012351



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: ロビン・カズンズ

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

Re: ありがとうございます><

yumi さん

コメント有難うございます!
あの演技から20年も経っているのに、今観てもステキで素晴らしくて、何度も見返しては毎回うっとりして、
その度に私の中でやはり彼が最高のスケーターだ、と再確認している次第です^^

>印刷ですが、サイン入りのはがきが届いて
うわ~、すごい!宝物ですね!!

>彼の滑るフライングスピンの連続技は
ラフマニ記事の後に <Le Corsaire EX - 1978 Europeans>この動画の記事を書いていたのですが
動画は見ていただけましたか?
後半はスピンの連続でゾクゾクしますよ~。

本当はもっともっと彼の記事を書きたくてネタは色々集めてあるのですが、タイミングが難しくて。
でもまた書きますので時々覗いてみてくださいね。

お茶の間 #- | URL | 2013/12/09 06:15 | edit

ありがとうございます><

フィギュアのエキシビションをみながら
やっぱりスケーターと言ったらロビン・カズンズ・・・
と思い検索していて、たどり着きました!

こんなに素敵な彼にまた会えるなんて、思ってもいませんでした!


彼が活躍していた頃
フィギュアスケートの番組は全てメモを取りながら見るほど
今で言えばオタクでした(笑)
そして 本当に彼が私にとっては今でも一番のスケーターです。
彼の滑るフライングスピンの連続技は
いまでも彼を超える選手は見てないと思います。

ああ、本当にありがとうございます!
アップされてからだいぶ月日が経っているようですが
どうしてもお礼を言いたくて書き込みしています。

本当に本当にありがとうございました^^

ちなみに、プロに転向したあと
日本でのプロの大会に出場したとき
花束にファンレターをつけて置いてきたのですが
印刷ですが、サイン入りのはがきが届いて
とても感動したことを思い出しました。

yumi #- | URL | 2013/12/08 20:29 | edit

Re: ありがとう!

kion さん

コメント有難うございます。
>人間として生きる根源的な喜びが溢れるような
本当におしゃる通りです。後半のバク転やエッジの効いたスパイラルなども、ただ美しいというだけでなく喜びや躍動感が溢れ出ていて大好きです。
>それを眼で見て、感じる幸せ
私もその幸せを感じるために、もう数え切れないほどこの演技を観返しています・・

お茶の間 #- | URL | 2013/06/07 02:50 | edit

ありがとう!

ただただ、永遠に無垢な、

魂の輝きを見せて頂きました。

技術や表現という要素を越えた何か。

それでいて、肉体をもち、人間として生きる根源的な喜びが溢れるような。

それを眼で見て、感じる幸せを、ありがとう!感動!

素晴らしくて言葉になりません。
(そのわりに色々語りましたが(^-^;)

ありがとう!

kion #eBcs6aYE | URL | 2013/06/06 22:38 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

いえ、バレエは全然分らないんです(笑
有名なダンサーの舞台がテレビで放送されれば見ていたぐらいですが、どうも何かを好きになるととことん見続けるクセがあるんです。でも「ローザンヌバレエコンクール」は毎年見てました。あの辛口おば様解説が大好物で。

ロビンはアボット選手のSPを振付けているんですね!
なんだかワクワクします。イタリア解説のおばさま方もアボット選手のエレガントな滑りが大好きで、いつも褒めてるんですよ。NHK杯でロビンがキスクラに・・なんてことになったら感激して涙が出るかも。
イタリアから指をくわえて見ることになりそうですが・・・

お茶の間 #- | URL | 2013/06/04 23:52 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/04 21:41 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

初王子仲間がいらっしゃった・・嬉しいですねー!
私も当時母と一緒に観てました。あのルックスに滞空時間の長いオープンアクセルや高~いバレエジャンプ・・
あの頃はジャンプの種類もルールも殆ど知らなかったのですが、ただただ見惚れていました。
今思えば彼のお陰で私の長身、外人好みが始まったような・・(笑
本当に彼はルックスも技もエレガントさも音楽性も全て持ち合わせていたスケーターでした。
現在も大いに活躍されているようで嬉しい限りです。

そういえば学生のころ、午後の授業をサボって2本立映画館にジョルジュ・ドンのボレロを何度も見に行ってました。先シーズンのコストナー選手のFSはとても良かったです。彼女しか出せない世界観、素敵です。

お茶の間 #- | URL | 2013/06/04 05:04 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/06/03 21:16 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/20-e58e80ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。