QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

桜と日の丸と旭日旗 

 

約10年ぶりの桜の季節の帰国だったので、思いっきり花見を楽しんできました。

育った場所が日本橋なんで、皇居周辺はまぁウチの庭のようなもんでねぇ。(--;)
千鳥ヶ淵なんてのは今みたいにぎーーーっしり人が押し寄せる前から、日常の散歩道だったんですぜ。(--;)

まず靖国神社にお参り&お花見。
靖国神社は帰国の度に参拝しています。
いやぁ~やはりこの時期は素晴らしかったです。日本人で良かった、と心から思いました。
日本の方には今更な桜の写真ですが、海外から見て下さってる方もいるのでアップします。

IMG_1272_201404141432222b6.jpg

IMG_1274_2014041414322497e.jpg

IMG_1275_20140414143228e45.jpg

IMG_1277_201404141432293a2.jpg


本殿に参拝してから、英霊のご遺書、ご遺品が展示してある遊就館へ。ここに入るのは今回が初めてです。
そこで大東亜戦争のドキュメンタリーを観て、遺書を読んで涙、涙。
日本を救うために、と命を投げ出した英霊の方々に「情けない日本になってしまい、申し訳ありません」
とお詫びしてきました。

で、そこのロビーのお土産コーナーで、秀逸なモノを発見!
思わず買ってしまいました^^ うひゃひゃ
表:「旧帝国海軍携帯口糧・自弁調達、慰問袋の必需品」
裏:「ドロップス等の甘味料は疲労回復や清涼感を得られるため、将兵達の自弁調達や、家族からの慰問袋
(差し入れ)の必需品として重宝されていました。」 と書かれています。

軍艦


靖国神社を出る前に、小腹が空いたので参道に連ねている屋台でたこ焼購入。
ビールも飲みたいところでしたがオバサン1人で朝っぱらから、ってもの小っ恥ずかしいのでグッと我慢。

靖国神社を出たら道路の向かいが皇居のお堀。千鳥ヶ淵の小道はものすごい人出で通るのを断念。

IMG_1279_20140414143228fbe.jpg

IMG_1282.jpg

IMG_1283_20140414143633840.jpg

IMG_1280_201404141436285a7.jpg

IMG_1284_2014041414363463e.jpg


そういえば、たまアリでB・C席から日の丸とイタリア国旗を振りますよ~、と前に書きました。
日の丸は以前実家で正月、祝日に玄関に掲げていたのがあるので、それを使おうと今回の為にあらためて
購入はしていませんでした。

がが。。
イタリア国旗は大判ですが素材はペラペラの化繊。日の丸は由緒正しいしっかりした木綿。
初日の日本人選手応援のときに取り出したら、他の人たちが手にしている、真っ白地に真っ赤のツルツルした
日の丸の中に、ゴワゴワしててところどころシミの付いた、黄ばんだ日の丸・・(ひぇぇぇ!!
とてもじゃないけど振って応援出切る代物じゃないっっ。
もーーー超速攻でたたんでカバンの底に押し込みました。
あーー恥ずかしかった(汗



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ


スポンサーサイト

category: 靖国神社・終戦記念日

thread: 雑記帳 - janre: その他

△top

コメント

 

Re: お礼

ひと さま

>底抜けに明るいイタリア語解説にどんなに救われたか
フィギュアへの愛情と選手へのリスペクトがダイレクトに伝わってきますよね!

靖国と皇居の桜はやはり圧巻でした。
桜を見ていると、日本人であることの有り難味がさらに湧いてきます。
写真の桜でも喜んでくださる方がいて、私も嬉しいです^^

お茶の間 #- | URL | 2014/04/22 01:43 | edit

お礼

いつも翻訳楽しみにしおります…
というかあなたでしたか。
ただたた感謝を。
ここ数年体調が悪くフィギュアを生で観戦する事ができませんでしたが
底抜けに明るいイタリア語解説にどんなに救われたか

今年は残念ながら桜も見られなかった。
けどここで靖国の桜を見る事ができました。

あらためて、ありがとうございます。

ひと #- | URL | 2014/04/22 00:22 | edit

Re: タイトルなし

らな さん

> 春は千鳥ヶ淵でよくボートこいでました(遠い目・・)。
漕いでたの?漕いでもらってたの・・?それともボート部?

> 散って行く桜を謳った千年前の和歌に共感できるすばらしさを思うと、
日本人でよかった、としみじみ感じるのであります。
ですね~。
でもこの先どれだけその繊細な感覚が継続されていくのか・・色々なのと混ざっちゃうと
「千年の和の感覚」が消滅してしまいそうで心配です。

お茶の間 #- | URL | 2014/04/15 04:35 | edit

うわあ。桜の写真、感謝ですわ奥様。
春は千鳥ヶ淵でよくボートこいでました(遠い目・・)。

桜がきれいなのを見てもそうなんですが、
散って行く桜を謳った千年前の和歌に共感できるすばらしさを思うと、
日本人でよかった、としみじみ感じるのであります。

らな #- | URL | 2014/04/14 22:14 | edit

Re: 綺麗です!

キモ さま

福島はこれからのところもあるんですね!
震災の後にいつもと変わらず咲いた桜、遠く離れた場所にいる私が想像しただけで込み上げてくるもの
があるので、地元の方たちの心中は私達には計り知れません・・・

遊就館にはシベリア抑留に関する資料も展示してありました。
お爺様は想像できないような過酷な環境を生き抜かれたんですね。
是非お爺様の魂と靖国に行ってあげてください。戦友の方々が沢山待ってますよ。

お茶の間 #- | URL | 2014/04/14 20:05 | edit

Re: タイトルなし

M&M さま

M&Mさんも海外が長いんですね。
外から日本を眺めていると、日本の四季の美しさや繊細さをより敏感に感じるようになりますね。
洗足池、元都民なのでもちろん地名は知ってますよ~。
池の周辺が桜の名所、なのかな?
子供達が小さいときはこの時期に帰国していたのですが、今回こちらに残っていた彼らに桜の写真を
見せたら、「こんなスゴイの?全然覚えてないや」という返事。
お金ためて家族で帰国せねば!と思いました^^;

お茶の間 #- | URL | 2014/04/14 17:21 | edit

Re: タイトルなし

みしゅ さま

遊就館には、全国遺族から奉納された戦没者の写真がびっしりと飾れていました。
まだまだこれから、という前途ある沢山の方々が日本のために戦って命を落とされて、
と絶句してしまいました。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/8885/yusyukan.html
もしかしたら伯父様の写真もあったのでしょうか..

早くお参りできるといいですね。

お茶の間 #- | URL | 2014/04/14 15:10 | edit

綺麗です!

福島は満開のところと、これからのところと
色々です。私の住む街は今週半ばが見頃かもしれません。
桜って良いですよね。あ~日本人で良かったと思います。
東京の桜と言えば上野公園の桜くらいしか見に行った
ことないです。靖国はいつか行ってみたいところです。
シベリア抑留を生き抜いた亡き祖父の魂と一緒に。
震災後、桜を見ると泣けて泣けて仕方ありません。
震災のわずか1ヶ月後にはいつもと変わらぬ美しい
桜を見る事が出来ました。見る人が激減しても
桜は健気に咲いてました。いろんな思いがこみ上げて
きますが、やっぱり日本人で、そして福島県民で良かった
と思います。

キモ #- | URL | 2014/04/14 15:09 | edit

桜。。。。きれいですね~。
二度目の赴任もまもなく20年になります。その間、桜の時期に帰れたのは母が亡くなる前に一度、洗足池なんてローカルな名前ご存じないかもしれませんが、実家近くの桜の名所(?)にいったきりです。後は、TVやFacebookで人様が見せてくれる桜で春を迎えて来ました。
日本人の美意識は、四季の移り変わりの繊細さを五感で感じとってきたことが大きく影響していると思います。海外が長くなればなるほど、その美しさの貴重さに気づかされますよね。。。日本人で良かった。。と何度思ってきたことか。今、本当の意味で、日本人を理解したいと、真実の歴史を学びたいと思っています。

M&M #- | URL | 2014/04/14 05:49 | edit

満開の桜のお写真、とてもきれいです。
私の住んでいるところではほとんど散ってしまいましたので、また桜を堪能できてうれしいです。

靖国神社の写真もありがとうございました。
私のごく近しい伯父が先の大戦で戦死しております。
写真でしか顔を知りません。遺骨もかえってこなかったそうです。
私のドリームリストには、靖国へ参拝することが書いてあります。
一度も会ったことはない伯父ですが、靖国にお参りできた時にはたくさん話してこようと思っております。
そしてたくさんの英霊たちにもご挨拶したいと思っております。
素敵な記事をありがとうございました。

みしゅ #- | URL | 2014/04/14 00:43 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/182-cab90b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。