QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

もう一つのジャネット・リン選手のお話  

 

懐かしの映像シリーズ(笑
今日は‘記憶に残る選手’の代名詞、ジャネット・リン選手。

ジャネット・リン、というと1972年18歳で出場した札幌オリンピックで尻もちをついたにも関わらず、
愛らしい笑顔で演技を続け、一躍スターになり日本で愛された選手・・というイメージが強いですよね。
確かにそれで‘順位よりも記憶に残る選手’として日本人の記憶に残り続けています。
私、当時の1位と2位の選手の名前も顔も覚えられません。何度も‘確認’したのに・・

でも札幌に来る以前から、既に彼女は全米選手権4連覇を遂げている若き実力のある選手でした。
その前年度の仏リヨンでの世界選手権でも、彼女が観客の心を鷲掴みにし大歓声を浴びたという逸話が残っています。

当時はコンパルソリーとフリーで競技が行われていて、リン選手はコンパルで出遅れてしまいます。
しかしフリーでは水を得た魚のように、生き生きとした伸びのある美しい演技を披露します。
映像の中で当時のことを振り返り‘皆が彼女に恋してしまった、彼女の足さばきにメロメロになってしまった’と
コメントが入っています。

伊藤みどりさんもある番組で札幌の映像を見ながら
‘アクセルで左足で降りてダブルアクセル、ハーフループ、飛んで飛んでダブルループ!
こんな難しいことをこの時代からやってるのはスゴイことですよ’言ってました。

結局コンパルの影響で期待された台乗りを逃してしまうのですが、なんと!表彰式でリン選手のフリーに
魅了されたフランスの観客からジャネットコールが湧きおこり、リンクに呼び出されるのです。
どれだけ観客から愛されてたんでしょうか!
これはただ技術が素晴らしかった、というレベルではないんですね。
この選手の演技からは喜びが溢れ出ているように感じます。
人の魂を揺さぶる特別な何かを持っている選手。

その時の映像をアップしました。




リン選手の件があり、コンパルはつまらない、フリーをもっと見ていたい、という世論が日増しに高まり、
札幌五輪の翌年の73年にはショートプログラムが導入され、93年にはコンパルは廃止されることになります。

こちらの動画は1983年のプロフィギュア選手権で第1位となった演技、ステキな<牧神の午後>。
76年に引退、プロ転向、結婚して3人の子の母となってからの演技なのに、全く衰えを感じさせません。
演技の後にお子さんと一緒にインタヴューを受けている場面がありますよ。
その後また2人のお子さんに恵まれ、5人の男児のお母さんになりました。




真央選手も幸せな結婚をしてお子さんに恵まれて、そんな環境でスケートを続けていって欲しいなぁ!



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ





スポンサーサイト

category: ジャネット・リン

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 8

△top

コメント

 

Re: リンは素敵・・・

ぽん太 さま

リン選手の演技って40年も前のこと。
今見たらジャンプもステップも簡単ですが、スケーティングの美しさ+惹き込まれる「特別な何か」
がありますよね。

>アグリーすぎ。
アレはもうこの一言に尽きます!
あの硬直した体から発生する汚ポジに怒るディック・バトン爺
<ugly,ugly,lay-back,not good.weak position,mallet foot!>
これがランキング20位ぐらいの選手だったら誰も何も言わないんですけどねぇ。
汚ポジでもステップ不明でもやる気が無くてもエッジエラーでも、ま、頑張れよ、ってことで。
これが五輪のメダル保持者って、そりゃ爺も怒りますよね、お笑いもほどほどにしろよ!!と。

お茶の間 #- | URL | 2014/03/11 17:16 | edit

リンは素敵・・・

若さあふれる演技の映像にくらべて、結婚してからのほうが足が細くなっているように感じました。
伊藤みどりさんも、足が立派で(失礼!)ジャンプをこなせる理由がそこにあるようにずっと思っておりました。
ところが・・・ところが、浅田真央選手ときたら、脚が太くない!

この当時、女子の選手でスケート靴が腰より上にはあげない・・・というか上がらない?のが当たり前だったのに、
このあと、登場してくるビールマンが常識を覆すスピンを披露し、女子の演技で靴が肩よりも上に上がる時代へと変遷してきました。

誰が、スパイラルで初めて腰よりも高く上げるようになったのか?
逆に、誰からスピンの腰を下げるようになったのか?
歴代の選手の名前があがってくるのでしょう・・・
調べたら、おもしろいですね。

で・・・某・選手の演技内容ですが、ジャンプの3-3を除くと、
この時代の選手のようなんですよね・・・。
ただ、一度、くの字でスピンをするときだけ、がんばって足をあげていますが、なにしろ体が硬いので、背中がまるまっていて、無理して無理して高く上げているように見せようとしている姿が・・・アグリーすぎ。
背中のラインが汚いので、この時代の選手と比較しても・・・
私の目には劣って見えますので、嫌いなんです。

ぽん太 #- | URL | 2014/03/11 08:45 | edit

Re: タイトルなし

ゆう さま

私もコメを返信してから、
>選手村で泣いた、じゃない・・と(汗
翌年のワールドでした。ショートで2回の転倒、もうダメだと泣いていたら、コーチから
まだフリーが残っているだろう、今までやってきたことを出せ、と叱咤激励された、と。
これがもう真央ちゃんと重なっちゃって・・

>いくつか訂正が・・・
もう何十年!!も前の記憶ですからね~。
私なんて思い違い、記憶違いなんてしょっちゅうですよ、お互い様、ご心配なく^^;

お茶の間 #- | URL | 2014/03/11 00:04 | edit

度々スミマセン・・・いくつか訂正が・・・
誤)芸術点10点満点→たぶん正)6点満点・・・(^^;)
誤)何十年も前なのになんとなく覚えてます→正)たぶん一昨年くらいに見た動画で思い出しましたm(__)m
(それと、頭の中のジャネット・リン選手は白黒で白衣装だったのに、赤ってこちらで知ってちょっとビックリしました・・・^^;)
以上、お風呂に入ってたら思い出しました~m(__)m

ゆう #- | URL | 2014/03/10 23:35 | edit

Re: タイトルなし

ゆう さま

>ちょっとくやしそうにでもうれしいような恥ずかしいような複雑な表情
幾つかのアメリカで放送された番組を見ていたところ、彼女も全米4連覇保持者ということで、
そうとうな期待とプレッシャーがあって大変だったみたいです。
五輪のコンパルで出遅れたときは選手村で泣いた、と彼女が語っていたので、思わず真央ちゃんと
重ねて見てしまいました。いつの時代も皆それぞれの重圧の中で戦っているんですね。

大輔さんの透明感・・あのときの表情と特に目の輝きは何か別世界で滑っているような感覚に囚われました・・

お茶の間 #- | URL | 2014/03/10 23:26 | edit

はじめましてm(__)mジャネット・リン選手、あまりに懐かしくコメさせていただきます(^^)
札幌にはオリンピックの前年(プレオリンピック)まで小学校低学年の時に3年程住んでいました。オリンピック前に何回かテレビに出ていたリン選手はフリーはいつも完璧だったように思います。オリンピック本番では転んでしまいその後ちょっと気落ちしたように見えました。芸術点で何人かの審判が10点満点つけたのを見てちょっとくやしそうにでもうれしいような恥ずかしいような複雑な表情だったように見えました。もう何十年も前なのにまだなんとなく覚えています・・・。
そして今回、大ちゃんファンの私にはソチのビートルズがいつまでも忘れられないものとなりそうです・・・あまりに綺麗で透き通るようでした・・・

ゆう #- | URL | 2014/03/10 22:37 | edit

Re: タイトルなし

sora さま

本当に、真央ちゃんも幸せな家庭を築いていって欲しい、と心から願います!
以前TV番組で、真央ちゃんと直接会って透視をした占い師さんが「お子さん3人ぐらい・・?見えますけど」
なんて言ってましたので、現実になればこんなに嬉しいことはありません♪

>塩見七海さんがフィギュアか解説したら
うわぁぁ、かなり厳しいことを冷静に指摘しそうですね!
アレに関しては・・本物以外は認めなさそうですけど・・ね。

お茶の間 #- | URL | 2014/03/10 22:37 | edit

私も札幌五輪でジャネット・リンに魅了された一人です。演技は覚えてないけど、愛くるしい笑顔と金髪のサラサラヘアーと赤い衣装は、今でも鮮やかに心にやきついてます。真央さんもジャネットのように世界中の人の心に残るんでしょうね。あ、考えるだけで涙が・・💧
真央さんも、真央さんを愛し守ってくれる方と結婚して子供たちに囲まれ幸せに暮らして欲しいです。
イタリア語解説ラフ真央、拝見しました。素晴らしい解説です。いつも楽しい記事ありがとうございます。
追記、イタリア在住、作家の塩見七海さんがフィギュアか解説したら面白いだろうなと妄想してしまいます。
心にない事は言わない、厳しく辛辣な言葉が出てきそう。よなさんに何て言うだろうなーなんて。

sora #- | URL | 2014/03/10 11:06 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/173-2d51b885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。