QLOOKアクセス解析

お茶の間イタリア解説・ニコ動翻訳ブログ

生かされていることに日々感謝、激動の2017年。真偽を見極め覚醒しよう!

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

情報操作?それともやる気なし?イタリア・ユーロスポーツ 

 

先日アップ→削除した記事を一部改めて書き直してみました。

幾つかのブログ様ですでに指摘されていますが、各国のeuro sport のサイトがヘンだと。
優勝したはずの真央選手の報道が一切なく、そのかわりに1-1-1の写真や記事で埋め尽くされている、など
本来ならありえないような報道がなされています。
イタリア・ユーロスポーツ も様子がへん。

以下の記事は今週の月曜に書いたものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NHK杯で優勝した浅田、高橋選手の記事は一切なく、他の選手と横並びに載せられている写真はEXのものだけ。
試合の写真はダンスとペアのみ、そのほとんどがメリチャリで占められていました。
記事の更新は、コストナー選手が銅メダルを取った中国杯で止まっています。

この記事を書いてから4日後の今日、このサイトをチェックしてみたらNHK杯の写真はEXを含め、全て削除されて
いました。スポーツサイトの<フィギュアスケート>というカテゴリーで、一切NHK杯の件には触れられていません。
まるでそのもの自体が存在しなかったかのような、そんな感じです。

まぁしかし、最近の記事が中国杯銀メダルのカロとプルシェンコ復帰、のみで、こちらも地元の
アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテが歴代カップルとして輝かしい銀メダルを獲得した、というオメデタイ
事実も一切スルー。
ということはイタリア・ユーロスポーツの立ち位置として、フィギュアスケートにはほとんど関心もなく、
熱も入れていない、とも取れます。

が、しかし!ですね。
やはりそうでは終わりませんね。
1-1-1で銀河点のお笑い女王が本日のフィギュアページにトップでドドーーン!!と登場。
「キムは皆のお手本」というタイトル。
爆笑しそうなのでわざわざ読みませんでしたが、そろそろ気が向いて試合にも出てくるようなので、
今から話題づくりに余念がないようですね。
ヒマがある方は、除いて 覗いてみてください。
http://it.eurosport.yahoo.com/pattinaggio/



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーサイト

category: K国関連

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

Re: 茶番の二番煎じ?

danshidanshi さん

コメント有難うございます!
茶番のときより状況はずっと悪化していますよね。印象、情報操作も隠すどころかあからさまですし、
1-1-1がどんなヘボ演技をしても高得点はしょうがない・・という異様な諦めの雰囲気が
どの試合にも充満しています。
プーチンにとって地元の選手は大事でしょうが、五輪全部を成功させなければいけないので
日本の選手かばっているヒマなどないだろうなぁ・・と。
ロシアはロシアの面目をかけて(表彰台)、自国に有利になるように活動しているでしょう。
でも各分野に効果的な声を届ける、というアクションは絶対に必要だと思っています。

お茶の間 #- | URL | 2013/11/16 15:13 | edit

茶番の二番煎じ?

茶番のときも、欧米の解説などがどんどんヘンになってきて、
気持ち悪かったのですが、あれよあれよというまに、前評判で
優勝が決定。ご存じの通りの結果となってしまいました。
なので、こうした印象少佐活動、ばればれアピール、アンダーザテーブル・工作はあなどれません。現にミーシン一門は汚鮮されてますし。
茶番の二番煎じにならぬよう、プーチンにも声が届くよう、ファンは
厳しく見守り、効果的な声を上げていく必要がありますね。

danshidanshi #- | URL | 2013/11/16 10:48 | edit

Re: タイトルなし

鍵コメ さん

解説が今までと違っていきいきしていない・・
というのは、<生放送ではなく結果を知った上で録画を見ながら解説している>からだと思います。
これは次にアップする真央選手の翻訳紹介のときに書き加えます。
やはり録画に解説、は臨場感が少なく無機質なカンジですよね・・
それでもダイスケさんには絶賛だったので、これを生解説で聴いたらすごかったと思います!

イタリアは国家始まって以来の財政難なので、地元カロより何かを優遇してくれるアチラを選ぶでしょう。
イタリア・ユーロスポーツはサッカー以外はどーでもいい、ってカンジですよ・・

1-1-1の演技は誰の記憶にも残らず、問題沙汰を多く起こしたトーニャ・ハーディングと同じ意味で
記憶に残り続ける選手になると思います。

お茶の間 #- | URL | 2013/11/16 06:06 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/11/16 00:04 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://edokkoisho.blog.fc2.com/tb.php/106-34cd2679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。